リアル宝探し
「小樽余市ゆき物語の秘密」

お知らせ

リアル宝探し「小樽・余市ゆき物語の秘密」 2022年1月26日終了

 

リアル宝探し「小樽・余市ゆき物語の秘密」は

北海道へのまん延防止等重点措置の適用を受け

2月14日までを予定していた本イベントは、予定を変更し

2022年1月26日(水)に終了しました。

1201小樽余市ゆき物語ポスター.jpg

ガス灯の煌めき、運河を抜ける港風、明治・大正時代の重厚な建造物の数々。ここ、小樽では冬になると数多のイルミネーションが点灯し、それに合わせ様々なイベントが開催される。それらをまとめて「ゆき物語」と呼ばれるのだ。

 

小樽を煌びやかに包みこむイルミネーションが幻想的な雰囲気を醸し出し、硝子の街・小樽に相応しいイメージシンボルとして、ワイングラスタワーやガラスアートギャラリーなども開催される。

 

そんな小樽のゆき物語を楽しみに一人旅として訪れたアナタ。
バスに乗って観光地を回っていると、車内に一冊の古い手帳が落ちていることに気がつきました。

その手帳の所有者は、どうやら小樽市街地と隣の余市町を巡った人物のようですが、中には謎の暗号と、「誰も知らない宝物」という記載がありました。

興味を持ったアナタは、その手帳が示す場所を巡ってその宝物を探してみることにしました。

 

煌びやかで幻想的なこの街で、誰も見つけたことがない宝物に出会う旅に出かけましょう。

▶参加費用 無料
・先着1200名様 
・小樽1日バス乗車券・小樽⇔余市往復バス券つき

▶​リアル宝探しのストーリーや参加方法については、公式サイトをご確認ください。